旅行者の声 --日本>旅行>下呂温泉

下呂温泉

 日本の真ん中にあるお陰て、伝統、歴史と自然はそのまま一体になるのはここの特徴なのだ。町に入れば、数えきれない寺と神宮などが見える。壮観な山脈に恵まれてるだけでなく、河川も貫かれていて、豊かな生命力を提供されている。温泉があるので、毎日仕事が終わったら、疲れた人々にとって最高だ。ここの人はシンプルな生活を送って大自然と共存する。

 下呂温泉はとても有名で、北側の馬瀬までも行ける。ここにいれば、落ち着く雰囲気を楽しんだり、魚釣りセンターで特別な釣り方法を体験したりしていることができるだけでなく、お客様のために大自然に浸れるツアーも提供されている。また、飛騨高山の中にある日本式の町も見える。もしアフタヌーンティーの時間あるいはお土産を買う時間がほしかったら、この町へ行って必ず満喫できるよ。最後のスポットは白川郷である。ここは世界文化遺産に登録されていて、合掌村も呼ばれている。

 下呂温泉は集合温泉スポットとして有名である。1930年に鉄道が竣工して以来、ここに来た人はいっぱいになる。お湯でリラックスしながら綺麗な景色を楽しむことは最高だ。四十年前に合掌村の出来上がった後、白川から何軒のカイコ屋敷を運んでくれていた。ここにも幾つの見る価値がある博物館があって、Ohdos博物館には一番大きな合掌屋がある。また、狛犬博物館の中には代表的な文化コレクションが集まっている。

 馬瀬は自然に恵まれていて、古風の趣がある村である。ここに来れば、RockyとIkumiに出会える。彼らはどうやって寿司とパンを作ればいいのかと教えてくれたり、橋の懸垂下降を体験したり、渓谷を溯ったりして、季節によってスケジュールは変更される可能。いくら何をしても止める気はきっとないと言える


 飛騨高山はまた伝統文化を保ってる町で、特に旧町である。ここに来たら
江戸時代(1600年-1868 年) の繁栄が見えて、散策するのもユニークな経験だ。古い屋、喫茶間とワイン貯蔵室が並び立ってる道を行って、何世紀前の光景を想像するのは面白いことだ。ここにはギャラリーのほかに、博物館も幾つあって、地元の歴史と文化を記録している。一番人気高いのは総督府、神社、寺と朝市などである。

 国際連合教育科学文化機関(ユネスコ)は1995年に高山に囲まれてる白川郷を世界遺産リストに登録させた。あの屋敷らは既に250歳で、独特な建築方法のおかげで、毎年の大雪が降っても大丈夫で、しかも屋敷はよく南北に建てられるので、風の抵抗力に遭っても心配しなくていい。「合掌」という意味は両手を重ねることです。合掌造りの構造は釘を一個も使っていなかった。また、大きな屋根裏は元々カイコを飼うためのスペースだ。一軒の部屋には何戸も住んでいる。


 もし貴方は日本伝統文化に興味深い人だったら、今度の旅スケジュールは最適だと思うかもしれない。馬瀬の住民の情熱も感じれば、日本で一番有名な温泉も体験できる。私達と一緒に日本の魅力を発掘しましょう!

私たちのツアーセットが気に入られましょうか?I am interested!


あなたは四つの選択肢があります。私達にメールして相談したり、音声メッセージもしたりすることができます
MSN-Start a conversation
Skype Call me now
Mail Call me now
Follow Us
Donation