旅行者の声 --日本>旅行>八重山諸島

八重山諸島

 八重山諸島は日本の最南端の波照間島と最西端の与那国島を含んでいる。のんびりして農村生活を体験するのは最高なパラダイスだ。ここには日本人にとって仕事のストレスから逃げるための最適な場所だ。島には落ち着く雰囲気が溢れてるので、平静が好きな人に非常に向いているとは言える。

石垣島は八重山諸島の中で面積が一番大きくて、経済中心としての存在である。ここにも船のターミナルおよび空港があって、ほかの島に行けば、橋になるでしょう
石垣島の周りに色々な珊瑚礁がいて、とても素晴らしいスノークリングスポットだ。ここに来れば、必ず美しいカビラ湾へダイビングに行ってみてください。この保護区は半島の一番下にあって、アカエイたくさん集まっていて、もし夏だったら、アカエイが食物を奪う光景が見える可能性が高い。特に御神崎角は何よりだ。ここは海岸の眺めを見るのは最高だ。北海岸の米原とSukujiの西北側はスノークリングとダイビングにとって最適だ。

西表島は八重山島の中で最大な島で、ほとんどの部分は未開発の場所だ。上の90%のところはマングローブで覆われていている。滝までのハイキング歩道があったり、魚釣りしたり、ボートを漕いだりしてることができるだけでなく、スノークリングスポットと綺麗なビーチもあるので、大自然が好きな人にとってパラダイスだ。もし冒険的なハイカーだったら、島の中心部にある二十キロ長さの小道を通ると、森の中にいる西表山猫を見ることができるよ。もし石垣にいた時アカエイを見るのは逃したなら、ここには
Manta Wayというダイビングスポットがあって心配しなくてもよいと思う。

 与那国島は自分の言語があって、八重山諸島はそれを持って第一言語になって、日本語は第二言語だ。ここの一番有名なのは不思議な与那国海底遺跡である。これは自然に形成したとか、人工形成したとかまだ研究中だ。冬のとき、ここにはよくシュモクザメの繁殖地としての存在で、この期間中にいるシュモクザメは普段のときより馴れてるので、多くとも50ヶシュモクザメもと一緒にダイビングできる可能性が高い。冬の強い海流で危険な場所になるときもあるにもかかわらず、時間がかかって最適なタイミングを待ってる人はいっぱいいる。ただこの最高なダイビングエリアのためだ。

竹富島は石垣島の近くにある小島であって、牛車に乗って伝統的な琉球農村を見ることとして有名だ。牛車に乗ってる三十分ぐらいに、ツアーガイドは地元の曲を歌ったり、
sashinというギターみたいな楽器を演奏したりしている。赤い石の壁に囲まれているのは伝統的な赤煉瓦の田舎屋だ。屋根には悪魔を退けるための陶器獅子彫刻が飾られてるのは特別なものだ。多くの屋敷はレストラン、カフェ、ホテルと手工芸の店として経営している。村の真ん中にあるNagaminoto塔に登れば、素晴らしい眺めが見えるよ。この塔は高く堅いけど、大勢な人が同時に入れないということだ。もし暇だったら、自転車をレンタルして島を廻ったり、散策したりしてもおススメだ。Kondoiビーチへ泳ぎにいくのを忘れないでください。そこには便利なシャワー施設と自動販売機があって、楽しみながらお腹も満々になれる!

私たちのツアーセットが気に入られましょうか?I am interested!


あなたは四つの選択肢があります。私達にメールして相談したり、音声メッセージもしたりすることができます
MSN-Start a conversation
Skype Call me now
Mail Call me now
Follow Us
Donation