旅行者の声 --日本>旅行>慶良間諸島

慶良間諸島

 慶良間諸島は沖縄本島の南西方の三十二キロ離れてるところにある。那覇からフェリーで一時間か二時間ぐらいだけで着ける。日帰りでも何日かかってもおススメだ。そこでリラックスしながら周りの景色を眺めるのは最高だと言える。ここには未開地が多くあって、二十二ヶ島の中で、四個しか人が住んでいない。それは阿嘉、 慶留間、 渡嘉敷と座間味だ。これらの島には青い野原とまだ未開していないビーチがあって、スノークリング、ダイビング、ハイキングとサイクリングに向いてるんだ。しかも、静かで暖かい海に囲まれてるのも居心地がよい場所だ。

  ここの熱帯礁は豊かな海洋生命が育ってるので、種類豊富で様々な魚介類を見付けたら、面白くなるでしょう。もしラッキーだったら、海亀も見えるよ。つまり、海岸にスノークリングできる場所が見つかりやすい。もし挑戦心があれば、ヨットをレンタルしてみてください。よかったら、ダイビングの活動に参加して海底へ見に行きましょう。島の周りにも色んなダイビングスポットがあって、一月から四月までの間にここに来れば、交尾期のザトウクジラも見ることができるかも。

  島の眺めはこんなに綺麗だとは!深く探索せざるを得ないと思ってる。ここの小島はそれぞれユニークな特徴があって、白いビーチに囲まれて、多くのところはまったく開発されていないことをわかったら驚いた。白砂とビーチは自分のものに想像したら、何とロマンチックなことだ。もしよければ、自転車を借り手、島を散策するのは最適な方法だ。ただ、小島の道が少し凸凹なので、力が必要だと要注意。

  渡嘉敷は一番大きくて、しかも那覇市まで一番近い島である。フェリーに乗って島の北部から入って島の中の町と有名なAharenビーチへ行ける。そこには多くの質が良いダイビングショップがあって、周りの美しい珊瑚礁を見に行ったり、スノークリング装備をレンタルして
Aharenビーチへ行ったりしてることも悪くない選択だ。

 座間味島と言えば、観光として有名なところだ。多くの人にとってここに慶良間諸島の中で最高な景色があるので、ダイビング、スノークリング、ヨット乗り、そしてザトウクジラの見ることに行く人がいっぱいいる。もし戸外活動が好きだったら、座間味島は最適な場所だ。

  フェリーハーバーの近くにキャンプがあって、テントを使ってもいいと思う。また、ここはスノークリングに向いてるビーチ環境も提供されている。

 阿嘉島は慶良間諸島の中で第三目の大きい島である。黒潮のお陰て、阿嘉島の周りの海水だけでなくおびただしい珊瑚と海洋生物ももたらして、豊富な生態システムになる。1988年に阿嘉海洋科学実験室を設立し、多くの生物学者が研究に行ってた。また、陸上野生動物として有名だ。ここにもほかの島にいない鹿が育って、一つの島からほかの島まで泳いでいけるのはすごいと思う。この鹿は日本で保護されてる動物だ。阿嘉島の上にもまた色んな鳥と蝶がいって、那覇から出発すれば、座間味島と繋がってる阿嘉島に着ける。

  慶留間島は慶良間諸島の中で一番小さい島である。元々は第二次世界大戦のために、海軍の泊まる場所を提供しただけである。慶留間島へのアクセスは那覇からの航空があるだけでなく、橋も備えられている。阿嘉島と慶留間諸島はそんなに渡嘉敷島と座間味島ほど人気高くないかもしれないんけど、環境はゴージャスである。

私たちのツアーセットが気に入られましょうか?I am interested!


あなたは四つの選択肢があります。私達にメールして相談したり、音声メッセージもしたりすることができます
MSN-Start a conversation
Skype Call me now
Mail Call me now
Follow Us
Donation